実はFXを初めて3年生だったりするブログ
カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

FXを初めて2年経ちました
3年生です
未だにデモトレードと検証作業をしてます
年収300万にも満たない32の男です
昇給も1年に500円です(゚ロ゚;
5年勤めてやっと初任給とくらべ1万円増えました・・
このままでは本気で将来がやばいと思いFX始めました

20年計画達成まで


自分ルール

①ポジションを持ったら小まめにチャートを確認しつつ絶対に油断しない
②生活に支障がでるので  夏25時まで冬26時まで

月別アーカイブ


カテゴリ


最新コメント


QRコード

QR

▲pagetop

参加してみました(*´ェ`*)

いつもクリックしてくださって
本当にありがとうございます
頑張ります! m(_ _)m ペコッ
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

独り言


相互リンク


広告


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







2009.04.22のトレード


ポンド円
1戦1勝0敗

+31.6pips

(+31.6pips)


なるほど・・・・

今日は1回だけのトレードです

昨日の書いたとおり5分足で見てみました

一回、60pipsまで利益がのりましたが、下がって20pipsぐらいになってしまいました

再度、30pipsに利益がなった時に利確


ハイ、またお約束です・・・・

ここで手放していなければ170pipsまで利益が乗っていきました・・・ガクリ

それじゃ、なぜ30pipsのときに手放したかというと、見てしまったんです・・・

1分足を・・・(;´・ω・)ゝ

動きがあまりなかったので見てしまったんです・・・

揉み合いになったのかなと思って30pipsの利益で手放したんです・・

再度、同じ方向へエントリーしてもよかったのですが、今までの経験からして95%ぐらい失敗してるので

様子を見ました。

手放していなかったことを想定してみてました


見続けてわかったこと

ポジションと反対方向のローソク足がでたら、手放したくなる気持ちがでて不安になること

動きがなくなると、手放したくなること・・・


勉強になりました(; ̄ω ̄)ゞ


勝てる方は、こういったのを見逃さなく、しっかりと我慢して獲るんでしょうね・・・
本当にすごいですね~


考え方を変えなきゃいけないですね・・・

ストップ値までの金額の負けを承知で、利益を伸ばす

たとえば、30pipsの負けを賭けてトレードする・・・

明日は負けを承知でトレードしてみます





今日はFXの本を図書館で借りました

以前、予約していたのですが今日やっとこ借りれました

『投資苑』って本と『FX革命!』って本です

FX革命!は南緒って方の本です

1日で全部、読み終えたのですが

なるほど・・・

平均足もやっぱり使えるものなのね・・・・と思いました・・

明日からは投資苑の方を頑張って読みます。

こちらは本が分厚いので大変そうです


あとジュニアエラって雑誌も買いました

今朝、『スッキリ』って番組で取り上げられてて読んでみようと思ったのですが

小中学生のためのニュースマガジンだそうです・・・

AERAのやさしいバージョンですね

内容は・・・・うん・・・どうなんだろ・・・

もう少し、政治、経済とか載っているのかなと思ったのですが・・・

普通のAERAですら読んだことないのですが、わからないんですけどね・・・


今日は少し長い記事になってしまいました




ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:FX1年生
2009⁄04⁄22 23:56 カテゴリー:トレード記録 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 せーじさんの初めてのFX1年生!. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。